アコム審査通過マニュアルでは

アコムはパートやアルバイトにもやさしいというイメージがあるんですが、アコムの審査に落ちてしまう人もいるようです。

アコムの2013年3月までの申込者数は約37万人弱。平均するとひと月30,705人だそうです。一日当たりでは千人強という人数になります。その中で審査に通るのは、47パーセントだそうです。半分以上は落ちてしまうんだ。意外と多いのね。

と思ったけど、他のところでは平均30パーセント台と聞くので、それにくらべると断然通りやすいですね。

アコムの方針としては、「迷ったら貸す!」みたいなんです。貸付の際の審査では信用情報機関に照会するわけですが、これに1件20円かかります。一日当たり千人の照会をするとなると、2万円。それがひと月となると、60万円以上かかることになります。このお金をどぶに捨てるわけにはいけないので、なるべく貸す、という姿勢らしいです。

では、落ちた人の理由は?

アコム審査通過マニュアルに照らして考えるに、他店からの借り入れがあまりにも多い場合は見送られる可能性があります。総量規制に引っかかるからです。だからと言って、正直に申告しなければ、「信用できない。」「自分の借り入れ先も把握できていない。」と見なされて、もちろんペケです。

どうしてもわからなければ、申請すれば信用情報機関の自分の記録を見ることはできますから、それを取り寄せて判断するしかないでしょう。

その他