宅建試験 宅建試験を受験行う方は年々増えているでしょうね。宅建試験に合格すれば宅建の資格を取得することができるのですが、宅建の資格保持者と言うものは不動産業界ではニーズが高いですので、不動産関係の仕事についているひと、将来のことを考慮して資格を取得したいと考えている方などが宅建資格試験を受験をします。宅建の試験は、受験資格がありませんから、誰でも受ける事が出来るはずです。試験は1年に1回おこなわれていて10月に試験が実施されて十二月の合格発表が行われているでしょう。詳しい日程は毎年6月に発表になっているのです。宅建試験は、4つから選ぶ形でマークシート方式で実施されています。宅建試験では登録講習を修了している人は50問出題される中の5問が免除されることにもなっているんですね。 これから宅建試験を受験する人にとって気になるのは合格率ですが、平均して15パーセント前後の合格率になっている為それ程簡単な試験ではないという事が分かることと思います。 宅建試験をうけるに当たっては独学で勉強をする方法もできます。過去問や予想問題を何度もといて勉強も出来ますし、通信教育を受けると言う方法もあります。大手の通信教育の人気講座のなかでも宅建試験講座が入っている程現在人気の資格試験だといえると思いますー